酵素ってなに??

酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与していて、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない存在です。

 

木の葉が紅葉するのも、食物が血となり肉となるのも、呼吸や心臓の鼓動、脚の上げ下げにしても、生命活動は全て酵素の働きによるものなのです。

 

ですからあらゆる生命活動の主役は酵素といっても良いほど生命維持になくてはならないものです。
酵素なしでは生命体は生きていくことが出来ません。

 

酵素は3種類

 

  • 消化酵素=食べたものを消化吸収し、栄養素の分解をする酵素。
  • 代謝酵素=体を造り、病気を治し、歩いたり、考えたり、全ての生命活動の新陳代謝に使う酵素。
  • 食物酵素=食べ物などから採る体の外にある酵素。体内の消化を助けます。

 

 

 

近年酵素研究が進むにつれ、酵素を作る能力は一人ひとりの遺伝子によって決まっていて、
限界があるものだということが分かってきました。
そして外部の食物から積極的に酵素を採る事が健康を維持する上できわめて重要であると奨励されるようになりました。
しかし酵素は熱に弱く、加熱したものからは得ることが出来ません。

 

生野菜や発酵食品をたくさん食べるのもとても大変なので
酵素ドリンクや酵素スムージーなので簡単に補えることが人気となっています。

 

食物酵素ってこんなに重要!

健康のためには消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やすことと、代謝酵素の働きをサポートする栄養素が必要です。
そのためには、「食物酵素」の力を借りることが大切です。

 

新鮮な生の野菜や果物・お刺身、また納豆や味噌などの発酵食品に含まれる食物酵素は、消化を助け、体内の消化酵素の無駄遣いに歯止めをかけてくれます。お寿司や生の果物を食べた後、お腹がすぐにスッキリするのも、食物酵素が消化を助けているからなんです。

 

消化酵素が節約されれば、その分、代謝酵素に余裕ができ、新陳代謝や病気の予防、解毒といった営みが活発になります。
その結果、お肌の調子が良くなったり、胃腸の調子がいい、また代謝力のアップでやせやすくなるなど体が好循環になります。

 

食べ過ぎたり、消化の悪い焼き肉や揚げ物などばかり食べていると、消化酵素が大量に消費され、代謝酵素が減り、お肌の調子や胃腸の調子が悪くなったりしますし、風邪をひくと食欲が落ちるのは、代謝酵素が病気と闘うためにたくさん使われ、その分消化酵素が減るからだと考えられています。